My Site

My Site

家族葬の実施意義を知る

家族葬は無駄な儀礼を省いた葬儀

家族葬というものは、亡くなった故人に対して執り行うこととなる葬儀を、故人のご家族や親族だけで執り行うことによって、遺族の負担を軽くしようという葬儀です。
本当に故人に対しての愛情や尊敬というものを持っている人だけで執り行うことができる葬儀の形となっているのが特徴です。
特に、故人との別れを最後まで惜しんでくれることとなる人だけで実施することができることが人気となっています。
弔問客に対する余計な気遣いというものをすることなく、別れを惜しむことができる形となっているからです。

本当に親しい人だけが参列するので弔問客も限られます

弔問客の立場であっても同様に、家族に対するサポートというものを親族の立場に立って行うことができるのが良いとされています。
参列に対してのストレスを非常に感じたり、お義理で参列するようなことがありません。
故人の事をよく知る人だけで送り出すことができる、非常に意義のある参列をすることができる存在となっております。

費用面の想定も楽で遺族にはメリットが大きい

家族葬を実施するにあたっては、独自にすべてを行うということではありません。
家族葬儀を得意とする葬儀社を通じて葬儀の形というものを選択することができます。
ご家庭の状況に応じて弔問客の数というものも比較的把握しやすいことから、香典返しの数や精進落としの数なども、無駄なく発注することができます。
費用の面においても非常に効率的で無駄の少ない葬儀の開催というものを行うことができます。
なので、厳かな雰囲気というものを保ちながらにして、実施の規模というものも自由に選択することができるのです。
葬儀を主催する人が状況に応じて場所の確保というものを必要な規模に応じた依頼を葬儀社に対して行うことができます。
なので、弔問を本当の意味で希望する人というものを想定しやすくなっています。
しかもあくまでも故人に対する想いというものを持っている人だけを招くことで、厳かに葬儀を執り行うことができる形となっております。

冠婚葬祭の裏話記事一覧